Pages

Labels

BRAND (24) DISPLAY (25) NEWS (178) PHOTO (4) PRODUCT (585) SNAP (259) STYLING (579) WEEK (11)

Jan 12, 2011

BRAND INFORMATION ''Pelican Avenue''



The future is about change and constant progress. pelican avenue aims to redefine fashion ideals, their content, norms and expectations.
Pelican Avenue was founded in 2004 by carolin lerch, a graduate from the antwerp academy of fashion and former assistant of designer bernhard willhelm.
The label's intention is to question conventional codes of fashion, to propose a different approach, to avoid stagnation and complacency.  
Pelican Avenue tries to form an opposition to constantly changing trends and the destructive attitude of hypes.
Each single design is determined by formal and personal reflections.  
The products have to reflect these ideas and still have to function as wearable clothes. the results are presented with different kinds of media like video, photography, installation, and performance.
Pelican video is the supplying video and multimedia project, in cooperation with multi media artist michiel helbig.
The basic intention of the pelican projects as well as the produced pieces is rather challenging the unknown than developing one certain style or idea.

Plican Avenueは、2004年アントワープ王立芸術学院出身、元Berunhard WilhelmのアシスタントであったCalolinにより設立される。
レーベルの重要な意図は、ファッションの停滞、自己満足を回避すること。そのため、従来のファッション、主に規則を疑い、新たな接近法と思考の提案を試みている。そして常に変化するトレンドと破壊的姿勢で捉えるものの対立のように見える。コレクションとアイテムのシリーズの原点となるものは、一身上の様々な熟考からなっている。プロダクトとはそれらのアイデアを表現力を支えるべきものであると考える。その結具は様々なメディアを利用して提供される。ビデオ、写真、インスタレーションはその関係者により直接伝わるため、発表は主にファッションイベント中に行われる。それにも関わらずウェブサイトはさらに多数の反エリート主義で先入観のない大衆に向けてプラットフォーム的な役割を果たします。
シリーズの一部は、観念性を衣服にふさわしく改作したものと、もう一部は身につけるものとなるのを前提に考えられたものです。
全てのProductとアイテムの観念は、新しいスタイルかアイディアを生み出すより、未来のものへの挑戦と捉えています。 



SS11






                    N id 
 T 03 5784 5448 

N id

T +81 3 5784 5448
F +81 3 5784 5449
NID_TOKYO@DUNE-JP.NET
1-3-2 JINNAN KUBOI BUILDING 1F SHIBUYA-KU TOKYO, JAPAN