Pages

Labels

BRAND (24) DISPLAY (25) NEWS (178) PHOTO (4) PRODUCT (585) SNAP (259) STYLING (579) WEEK (11)

Jul 26, 2011

BRAND INFORMATION "ffiXXed"




ffiXXed
ffiXXed is a collaborative project initiated by Australian artists/designers Kain Picken and Fiona Lau in Berlin, 2008. Together they produce a bi-seasonal, prêt a porter fashion line alongside a range of other art and design related activities. Having worked between studio spaces in Berlin, Hong Kong, New York and Melbourne the ffiXXed headquarters maintains mobility, gravitating to whatever global centres in no particular order. ffiXXed unfolds as an ongoing response to shiftinging creative, social and personal circumstances, investigating new protocols for the consumption and production of everyday life. Their collections draw from a range of aesthetic and formal references, appropriating anything from homespun charm to clean, minimal lines, generating new and unexpected forms of trans-functionality for every-day basics.
In February 2010 ffiXXed established an in-house production studio and residence in Shenzhen, China - one of the worlds fastest growing cities. Here they continue to elaborate their own integrated living and working situations, exploring highly personalized manufacturing processes to address, transcend and stimulate a variety of social and domestic situations. They currently split their time between Shenzhen, Hong Kong and elsewhere.

fiXXedは、2008年にベルリンにてオーストラリア人アーティスト兼デザイナーのKain PickenとFiona Lauによって開始された恊働プロジェクトです。彼らは年2回のプレタポルテコレクションと共に生産することで、他のアートとデザインの活動を結びつけてきました。ベルリン、香港、ニューヨークやメルボルンを主な拠点としていますが、スタジオは国際的な中心地へ移動を繰り返しています。ffiXXedは、創造的に移動をすることで、個人的・社会的な暮らし向きと日常生活の消費と生産の為の新しいプロトコルを調査し、前進するということは何なのかを明らかにします。彼らのコレクションは、普遍的な毎日の為の超機能性を、ミニマムなラインや手作りの魅力、新しく予想できなかったフォルムから、妥当な何かを用い、そこに基本的なものを関連づけ、自分たちの感性を加味し、制作されます。
2010年2月、ffiXXedは中国の深圳(シンセン)---世界中で最も急激に成長する都市の一つ--- にプロダクションスタジオと住居を確立しました。そこは彼らによって、働く為の環境や生活すること、とりわけ非常にパーソナライズされた製造プロセスを調べ、様々な国内外の環境が刺激になり、それを統合することで作り上げられています。彼らは今、深圳や香港や他の場所で過ごしています。


AW11 "Living Structures"
The 5th collection of clothing products from ffiXXed


The question of how to make (and maintain) spaces that promote integrated lifestyles remains central to the ffiXXed project. The title of the current collection refers to the experimental living systems developed by D.I.Y. designer Ken Isaacs through the 50’s, 60’s and 70’s.  Isaac’s ‘Living Structures’ reconfigured domestic space, producing a series of simple forms to support ways of living and working that challenge the interpersonal, cultural, economic and political dimensions of everyday life proposed by dominant culture.
This collection presents a series garments that might occupy contemporary spaces in a similar way; transforming work into leisure, prioritising analysis, creativity and comfort, and disabling functional and stylistic expectations. By utilising a range of surfaces and materials to enhance basic garments, ffiXXed integrate additional function and applications, combining everyday wear with more formal and conceptual elements.
This season a paperclip forged from sterling silver has been integrated into several pieces. A Belt, T-shirt and Money Wrap (which also incorporates left over pieces of last seasons print designed by Ester Partegas, incorporating waste management into the production cycle), all put this everyday domestic and office object to work for new functional possibilities. A simple the decision to replace inner lining fabric with outerwear fabric encourages reversible and versatile formal/casual wear. Trans-seasonality is addressed throughout the collection, offering more mobile and versatile options. Custom hand knits in heavy wool are contrasted with lighter custom fabric knits, while the collection has a strong emphasis on layering multiple pieced to adjust personal climate and comfort. Another simple suggestion is made with the Storage Matrix vest, a plain mesh vest that can accommodate any number of objects attached to it’s fabric for either storage or decoration - if, how and for what purpose these things become attached is left up to the wearer. Exploring the relationship between spaces, places and the objects and bodies that occupy them, ffiXXed produce situations for new living ideas, and ideas for new living situations.



ffiXXed の5th コレクションです。
いかにライフスタイルと一体化したスペースを創る、もしくは維持するかは以前と変わらず、ffiXXed のプロジェクトのメインテーマです。今回のテーマ "Living Structures" は、60/70 年代に生活システムをテーマとし、活動していたアーティスト Ken Isaacs の同名のシリーズから展開されています。Isaacs は数多くのシンプルな型の作品を、ドミナントな社会/文化から確立されるスペースをアレンジし、ドメスティックスペースとして再設定しました。
ffiXXed はそのコンセプトを同様に衣料品に応用し、コンテンポラリーな空間を引証する衣類を今回紹介します。創造性に重きを置いて、動きが遊びを生み出し、機能性をなくす事で期待以上のスタイルを創り出します。ffiXXed はよりフォーマルな日常の衣服を現代のコンセプチュアルな要素を組み入れる事で、新しい衣服のアイデアを展開します。
今回の新しい型にはスターリングシルバーのペーパークリップ、ベルト、T シャツやマネーラップ (前回SS11 のシーズンで使用された Ester Partegas のプリント素材の残りを使用) など、いくつかのピースに統合されています。日常的にオフィスや生活で使用されているオブジェに新しい機能を与えます。リバーシブルのシンプルなジャケットのように、高技術の仕様に頼らず、ただ単にライニングをアウターウェアで使われる素材と変えることにより、リバーシブル、そしてカジュアルでありながらフォーマルにもなれる可能性を与えました。
Custom hand knit 、重くて存在感のあるニットに対して軽くてシンプルな編み目のニットと対置し、同時にシーズンレスになる。Home Slippers は、フォーマルなオックスフォードスタイルの靴のルームシューズとしてリメーク。ホームオフィスに最適。
Living Structures - ffiXXed 独自のプリントもいくつかのアイテムに使用しています。










SS11 "surviving sustainability : _________________"







                                     N id 
                  T 03 5784 5448 
NID_TOKYO@DUNE-JP.NET 

Blog Archive

N id

T +81 3 5784 5448
F +81 3 5784 5449
NID_TOKYO@DUNE-JP.NET
1-3-2 JINNAN KUBOI BUILDING 1F SHIBUYA-KU TOKYO, JAPAN