Pages

Labels

BRAND (24) DISPLAY (25) NEWS (178) PHOTO (4) PRODUCT (585) SNAP (259) STYLING (579) WEEK (11)

Jan 27, 2011

BRAND INFORMATION "c.neeon"




Based in berlin Clara Leskovar and Doreen Schulz the designers bihind c.neeon graduated from Kunsthochschule  Berlin Weissence in 2004. Where Clara studied textile design and Doreen Fashion design.
The graduation collection "daydreamnation" was presented march 2004 during Berlin fashion week at "Beck fashion experience".
They won at the Hyeres International Festival the prestigious Grand Prix 2005. Afterwards London Fashion Week invited them to apply for New Generation which the were duly awarded. Due to this had their own show at London Fashion Week. Their chosen title c.neeon is an amalgamation of their childhood nicknames.
The duo whose collections major on strong graphic prints with a hint of Mondrian and silhouettes with intriguing volume and architectural, asymmetric shape began their label while still at KHB college where they originally net. Typical to c.neeon design are extensive prints which are always related to the pattern. 
2004 the won the Galleries Lafayette Fashion Channel competition which resulted in an exhibition at Galleries Lafayette Paris.

c.neeonはベルリンを拠点とし、デザイナーである Clara Leskovar と Doreen Schulz が2004年にヴァイセンゼー芸術大学を卒業時に作られました。ヴァイセンゼー芸術大学 にて Clara Leskovar はテキスタイル・デザインを、Doreen Schulz はファッションデザインを専攻し、卒業制作の"daydreamnation"は2004年のベルリンファッションウィーク"Beck fashion experience"の会期中に披露されました。
彼らは2005年に、イエール国際モードフェスティバルでグランプリを受賞し、その後新しロンドンファッションウィークに新しい世代として招待され、賞を受賞しました。彼らのショーはその賞に値するものでした。そして彼らが選んだ c.neeon というブランドの由来は、少年時代の彼らのニックネームの合わせたものです。
彼らのコレクションは、独自のネットワークがあるKHB大学に在籍している間にスタートしたレーベルで、興味深いボリュームや建築、不均整のシェイプのシルエットと橙色からヒントを得、力強いグラフィックプリントが、最も特徴的です。c.neeonの代表的なデザインはパターンを関連づけた広範囲のプリントです。
2004年ギャラリーラファイエット・パリで行われた展示会、ギャラリーラファイエットファッションチャンネルコンペティションでも賞を取りました。



SS11 "Boa Perlina"





                    N id 
 T 03 5784 5448 

Jan 12, 2011

BRAND INFORMATION ''Pelican Avenue''



The future is about change and constant progress. pelican avenue aims to redefine fashion ideals, their content, norms and expectations.
Pelican Avenue was founded in 2004 by carolin lerch, a graduate from the antwerp academy of fashion and former assistant of designer bernhard willhelm.
The label's intention is to question conventional codes of fashion, to propose a different approach, to avoid stagnation and complacency.  
Pelican Avenue tries to form an opposition to constantly changing trends and the destructive attitude of hypes.
Each single design is determined by formal and personal reflections.  
The products have to reflect these ideas and still have to function as wearable clothes. the results are presented with different kinds of media like video, photography, installation, and performance.
Pelican video is the supplying video and multimedia project, in cooperation with multi media artist michiel helbig.
The basic intention of the pelican projects as well as the produced pieces is rather challenging the unknown than developing one certain style or idea.

Plican Avenueは、2004年アントワープ王立芸術学院出身、元Berunhard WilhelmのアシスタントであったCalolinにより設立される。
レーベルの重要な意図は、ファッションの停滞、自己満足を回避すること。そのため、従来のファッション、主に規則を疑い、新たな接近法と思考の提案を試みている。そして常に変化するトレンドと破壊的姿勢で捉えるものの対立のように見える。コレクションとアイテムのシリーズの原点となるものは、一身上の様々な熟考からなっている。プロダクトとはそれらのアイデアを表現力を支えるべきものであると考える。その結具は様々なメディアを利用して提供される。ビデオ、写真、インスタレーションはその関係者により直接伝わるため、発表は主にファッションイベント中に行われる。それにも関わらずウェブサイトはさらに多数の反エリート主義で先入観のない大衆に向けてプラットフォーム的な役割を果たします。
シリーズの一部は、観念性を衣服にふさわしく改作したものと、もう一部は身につけるものとなるのを前提に考えられたものです。
全てのProductとアイテムの観念は、新しいスタイルかアイディアを生み出すより、未来のものへの挑戦と捉えています。 



SS11






                    N id 
 T 03 5784 5448 

BRAND INFORMATION ''Makin Jan Ma''




Makin writes stories and scripts and he makes clothes for his characters. He makes films for his stories while the characters wear their clothes in the films. Making film or actually dreaming to make a film is like a journey on its own. The process of creating creates a lot of space to create. Dream gathers people who share. It is an ongoing project and let’s be open minded and see.

Makin はストーリーと台本を書き、その映画の登場人物の為に衣服をつくります。Makin は映画の登場人物が着ている衣服を考えながら、同時に映画を制作します。映画を製作することや映画を制作することを夢見ることは、自身が旅行することに似ています。その製作の過程は、製作する為の多くの空間を創り出すことにあります。夢は、何かを共有している人々が集まります。それが現在進行中のプロジェクトです。心を開いて、見てみましょう。




SS11 GUTS "MOON WALKING TO YOUR HEART"










SS11 J.SKY 




SS11 DEE




                   N id  
 T 03 5784 5448 

N id

T +81 3 5784 5448
F +81 3 5784 5449
NID_TOKYO@DUNE-JP.NET
1-3-2 JINNAN KUBOI BUILDING 1F SHIBUYA-KU TOKYO, JAPAN